バイタルアンサーに副作用はあるのですか

バイタルアンサーは、勃起しないことを悩んでいる人や中折れしてしまって悩んでいる人に対するサプリメントです。

つまり、ED(勃起不全)の改善を謳っている商品です。


使ってみて効果があるといっている人もいますが特に効果を感じていない人もいて、まさに使ってみないと分からないというのが正直なところです。

副作用はどうでしょうか?

では、副作用はどうでしょうか。成分を見る限りでは、体に悪影響を及ぼすような成分は使っていません。

しかし薬と言うのは、どんな薬でも1錠の中に含まれている有効成分は極わずかです。

1錠の錠剤の8割以上が有効成分を固めるためのデンプンやニオイをよくするための香料や味を良くするための添加物です。

薬でアレルギーが起きる人は、これらのデンプンや香料や添加物でアレルギーが出ることもあります。

したがって、成分だけで判断するのは少々早合点になることもあるでしょう。

また、サプリメントや健康食品による健康被害は年間2000件以上が報告されていて、入院事例も600件以上あります。

医薬品であれば直ちに製造禁止となるようなレベルです。

しかしこれは氷山の一角で、実際にはもっと沢山の健康被害があると考えられています。

 

健康食品やサプリメントを使っていても医師には言わない人も多いし、サプリメントが原因だということを明確に突き止めるのには時間がかかるので、報告しない医師も多いし泣き寝入りする消費者も多いです。

中にはパッケージに書いてある電話番号に電話をしても繋がらないという例や、1回は対応して貰えたけど「担当者に報告して改めてお電話します」と言ったきり何の連絡がなく、こちらから電話をしても二度と繋がらなくなったというケースも多いです。

また、「精力増強」を謳っている50製品のうち33製品にバイアグラと同じシルデナフィルという成分が密かに含まれていた、という報告もあります。

バイタルアンサーは、1日に10錠もの錠剤をのまなくてはなりません。

高齢者で飲み込み難くなっている人にとっては、錠剤をのみこむのは結構大変な労力が必要です。時には食道を通らずに気管に入ってしまうリスクも生じてきます。


そして、バイタルアンサーは1か月で1万3500円の費用が必要です。この費用負担が大変になってきて、数か月しか続かなかったという人も結構います。

勃起障害ということで医療機関を受診して勃起障害であることが判明すれば、ちゃんと治療薬は処方してもらえます。

有名なバイアグラなら1錠500円前後です。1か月で10回使うとしても5000円、それに診察代や検査代を入れても8000円もあれば十分でしょう。

初診時は初診料や検査代が必要になりますが、それ以降はお薬代と再診代だけなので、1か月に10錠の薬を貰って帰っても6000円もあれば大丈夫です。


医療機関で薬を処方してもらう方がバイタルアンサーよりもずっと経済的だし、副作用のチェックや生活習慣病のチェックもしてもらえて安心です。

バイアグラ以外にもレビトラやシアリスといったお薬もあります。こちらは1錠当たり1500円前後になりますが、1か月4回使っても6000円程度です。

自己判断でバイタルアンサーなどの精力増強のサプリメントや健康食品を使うのは危険が伴うということを認識しておきましょう。

「ED(勃起不全)のあるところには、動脈硬化があると思え」と、医師の間では良く言われています。中折れしたり勃起しないというのは、陰茎の動脈が動脈硬化をおこしているサインでもあるからです。

健康食品やサプリメントで自己治療を行って陰茎だけを元気にしたところで、体中の動脈は動脈硬化を起こしているのですから、それを知らずに性生活を謳歌したのでは、とても危険な事態に陥るリスクもあります。

EDの3大原因はタバコと糖尿病と高血圧です。このことを考えても、自己判断でサプリメントを使って自己治療するのは危険な行為だと言わざるを得ません。

性交中に心筋梗塞を起こして救急車で病院に搬送されるなどと言う事例は、体の老化は激しいのに陰茎だけが元気になったケースや精力だけは十分にあるけど体のあちこちで動脈硬化が起きているというケースです。

また、EDと一口にいっても原因は様々です。中には薬剤性EDと言って、睡眠薬や抗うつ薬などのお薬が原因で勃起不全(ED)となっている場合もあります。このような場合は、サプリメントを使うよりもEDを引き起こしている原因となっていると思われる薬の中止の方が効果があるはずです。

中には、若い頃に背中に大けがを負っていて、その後遺症で陰茎が勃起するときに働く神経に傷がついていて勃起しにくいというケースもあります。

原因も突き止めないで自己判断でサプリメントを使うのは、乱暴やなり方ではないでしょうか。

まずは、日本性機能学会の専門医の診察を受けて、どのような原因で勃起不全となっているのかを突き止めることをお勧めします。日本性機能学会の専門医は、学会のホームページから都道府県別に検索することが可能です。

よく分からないサプリメントを副作用を恐れながら恐々飲むよりも、医療機関で貰った薬を飲む方が安心です。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク